ほのおのうみのクッパ バトル

テキストの関係で、日本語版よりもU版のほうが速いです。

参考資料: 『クッパを回しやすくするための工夫

▼『初心者向け解説』は以下のページにあります。

上級者向け解説

本セクションでは、主にタイムに関する知識を解説しています。

コツ
1. 転がし投げが最速
2. タイム調査時の注意点
3. ずらし掴み4分の3回転
4. 2分の1回転
5. ダイブ掴み

処理落ち回避
1. 爆弾にあてた後


1. 転がし投げが最速

しっぽを最速で掴んだ後、1周+2分の1回転で投げるのが一般的です。(回し方は時計回し/半時計回しどちらでもOK)

フル回転よりも転がしのほうが速いので、転がすように心がけてください。

 

2. タイム調査時の注意点

クッパが爆弾にぶつかってから話しかけられるようになるまでの時間は、クッパが爆弾のどこに当たったかで異なります。

そのため、クッパが爆弾に当たるまでのタイムを見ても意味がないので、調べる時はこの点を注意しましょう。

 

3. ずらし掴み4分の3回転

クッパのしっぽの後ろで待機した後、クッパが少し左に向いてからパンチを出すと、左向きのクッパのしっぽを掴むことができます。

理論上は1周+2分の1回転のほうが速いのですが、こちらのほうがスティック全開回しで投げられて楽なので、自分に合ったほうを選択すると良いでしょう。

 

4. 2分の1回転

クッパを速く回せる自信のある方はこちらを試してみましょう。

1周+2分の1回転転がし当てと比べて0.1~0.2秒程度速くなります。

 

5. ダイブ掴み

パンチではなくダイブを使うと1フレーム速くしっぽを掴むことができます。お好みでどうぞ。


1. 爆弾にあてた後

クッパがカギになるシーンと最後のカギ取得の2ヵ所で処理落ちがあります。確実に回避できる処理落ちなので、習得しておきましょう。

以下でオススメのやり方を紹介します。

(1) 壊した爆弾を背中にしてクッパに話しかけてください。

bitfs-battle-1

(2) テキストを全て読み終えたらマリオ近め視点にします。

bitfs-battle-2

(3) カギが地面に落ちてくるまでの間、C左右を押してマリオの顔を見る視点を作りましょう。(BGMでカギの落下を確認します)

bitfs-battle-3 bitfs-battle-4

(4) 最後は壊した爆弾とは真逆にある爆弾を映す視点(厳密じゃなくてOK)でカギを取ってください。

この視点にすると、カギ取得時に発生することの多い0.5フレームの処理落ちを確実に回避することができます。

bitfs-battle-5

Ideal Run

1周+2分の1回転

ダイブしっぽつかみ+2分の1回転