マリオ64RTA用にどんなテレビ(モニター)を使えば良い?(基本知識)

本格的にマリオ64RTAを始めたい方は、「本気でやるならどんなテレビ(モニター)を使えば良いの?」と疑問に思っていることかと存じます。

本ページは、この疑問を解決するべく、代表的なテレビ(モニター)の購入方法などをまとめます。

今現在代表的なテレビ(モニター)は何?

2020年現在、マリオ64RTAプレイヤーでの代表的なテレビ(モニター)は大きく分けて2種類あります。以降で、それぞれを解説します。

(1) ブラウン管
(2) RetroTINK + PC用モニター

(1) ブラウン管

マリオ64に限らず、昔からRTAで使われているテレビとして『ブラウン管』があります。

現在売られているテレビ(液晶・有機EL等)は、ゲームモードを使ったとしても、ある程度の表示遅延が発生する傾向にあります。一方、ブラウン管は表示遅延が少ないため、RTAに向いています。

本セクションでは、ブラウン管に関する情報をまとめます。

monitor-1
▲ブラウン管とは、例えばこんなもの。

購入経路

メルカリヤフオク!ジモティーなどで購入または譲り受けるのが一般的です。条件が合えば、タダ同然で手に入ることもあります。

 

選び方

1. 画面の明るさを調整できるかを確認

画面の明るさが調整できるブラウン管を選ぶと良いです。画面が暗いままだと、例えば『やみにとけるどうくつ』で、奥から来るゴロ岩が見えないなどの弊害があるためです。

リモコンが無い場合は、画面の明るさを調整できないことが多いので、注意してください。

 

2. 入力端子を確認

小さいブラウン管だと、コンポジットの入力しか付いていない場合が多いです。もしS端子を使う場合は、その点も確認しましょう。

 

3. 画面の形状を確認

ブラウン管には、大きく分けて『球面タイプ』と『平面タイプ』があり、それぞれのメリット・デメリットは以下となります。これらを考慮して選びましょう。

■ 球面タイプ

  • メリット: 表示遅延が少ないものが多い
  • デメリット: (球面なので)画面が見にくい

■ 平面タイプ

  • メリット: 画面が比較的見やすい
  • デメリット: 表示遅延が大きいものが多い

 

4. ハイビジョンブラウン管ではないことを確認

ハイビジョン(HD)ブラウン管は、映像処理の関係上表示遅延が大きいため、選ばないほうが良いです。

※ハイビジョンブラウン管は基本的に平面タイプです。

 

5. ブラウン管の寸法を確認

ブラウン管は奥に長い分、スペースを取ります。

購入前に、型番検索などで購入予定のブラウン管の寸法を調べ、部屋に置けるかどうかを確認するようにしましょう。

 

高価だが画質が良いブラウン管もある

PVMやBVMと呼ばれる業務用ブラウン管もあり、こちらのほうが家庭用のものよりも画質が良いです。

また、表示遅延も誤差レベルですが家庭用のものよりも少ないので、お金に余裕のある方はこちらを検討してみても良いでしょう。

monitor-6
▲PVMとは、例えばこんなもの。

(2) RetroTINK + PC用モニター

ここ数年で、(マリオ64に限らず)RTA界でお馴染み化しつつあるのが『RetroTINK + PC用モニター』です。

現在の海外のマリオ64RTAコミュニティでは、ブラウン管よりもこちらをオススメする傾向にあり、また、筆者もこちらをオススメしています。

本セクションでは、このセットに関する情報をまとめます。

monitor-3
▲筆者が使っているRetroTINK(RetroTINK-2X Classic)。

monitor-2
▲PC用モニターとは、例えばこんなもの。

RetroTINKとは?

RetroTINKとは、3色ケーブルやS端子+2色ケーブルをHDMIへ変換するツールです。これを用いると、PC用モニターでもマリオ64をプレイできるようになります。

HDMIへ変換するツールは他にもありますが、RetroTINKはそれらと比べ、比較的安く手に入る上・高性能であるため、非常に人気があります。

詳細は割愛しますが、気になる方はYouTubeで『RetroTINK』と検索してみると良いでしょう。(紹介動画が数多くあります)

monitor-4
▲S端子+2色ケーブルでの接続例です。給電にはMicroUSB(TypeB)を使います。『RetroTINK-2X Classic』はMiniHDMI出力ですが、他製品はHDMI出力となっています。

 

購入経路

■ RetroTINK

現在、RetroTINKには5つの製品がありますが、マリオ64だけで良いのなら『RetroTINK-2X MINI』をオススメします。

monitor-5

▲これがRetroTINK-2X MINI(後述の製品購入ページより引用)。

RetroTINK-2X MINIとは、上位製品からいくつかの機能を削った製品です。マリオ64的には、機能に過不足が無い上、安価なのでこの製品で十分でしょう。(【追記】実際に筆者もMINIを購入して試してみたところ、特に問題はなくこれで十分でした。)

本製品は、公式サイトから購入することをオススメします。日本のAmazonでも売っていますが、割高なのでオススメしません。なお、海外からの輸入となるので、来るまでに1~2週間程度かかります。そのつもりで待ちましょう。

製品購入ページ: 2X-MINI _ RetroTINK

【追記】製品が届いた後は、ファームウェアのバージョンをアップデートすることをオススメします。アップデート方法はこちら。※V1.0のままだとLEDがちかちかしますが、そうならなくなる等、アプデにはメリットがあります。

 

■ PC用モニター

基本電気屋ならどこにでも売っています。

ヨドバシ・ドット・コムAmazonといったネットショップで購入しても良いですし、家電量販店へ直接出向いても良いでしょう。

 

PC用モニターの選び方

RetroTINKの信号変換による遅延はほぼゼロであることから、表示遅延量はモニター側に大きく依存します。よって、基本的にはゲーミングモニターを選びましょう。

 

1. 低遅延を謳っているモニターが低遅延とは限らない

低遅延のゲーミングモニターでも、RetroTINKと組み合わせて使う場合遅延が多くなることがあります。

モニターの遅延テストは最大解像度(1080pなど)で行なわれていることが多いのですが、RetroTINKの出力解像度である480pでも同一の遅延量とは限らないためです。

 

2. リスケール機能があるかを確認

マリオ64はアスペクト比4:3のゲームですが、RetroTINKはワイドの映像を出力します。よって、4:3でプレイしたい場合は、モニター側でリスケールする必要があります。

購入予定のモニターに4:3へのリスケール機能があるかを確認したほうが良いでしょう。

 

3. スピーカーが内蔵されているか&音量を調整できるかなどを確認

ゲーム音を聞けないと不都合が多いため、モニター本体にスピーカーが内蔵されているかor音声出力できるか&音量を調整できるかを確認しましょう。

 

筆者が知っているモニター(型番)

筆者が知っているモニターを以下にまとめます。あくまで参考なので、購入は自己責任で行なってください。

 

■ 筆者が試したことのあるモニター

・ASUS VX228H(オススメしない)

本セクション冒頭の写真のモニターです。21.5型・スピーカー内蔵ですが、リスケール機能がありません。下手なモニターよりは表示遅延量は少ないものの、若干遅延していると思います。

 

・BenQ GL2480(絶対オススメしない)

24型・気になるぐらい遅延がありましたので、絶対オススメしません。また、リスケール機能自体は存在しますが、RetroTINKを経由した場合だとうまく機能しませんでした(原因不明)。

 

・BenQ RL2460

2019年末のRTA in Japan(RTAイベント)で用意されていた24型モニターです。『ASUS VX228H』よりも遅延が少ないように感じました。リスケール機能も付いていた覚えがあります。

 

■ マリオ64プレイヤーが実際に使っているモニター

・ViewSonic XG240R

海外のマリオ64イベントで使われたことのある24型モニターで、70枚RTAトッププレイヤーのDwhatever氏が現在使っています。

実際に本モニターでマリオ64をプレイしている映像は、Dwhatever氏のVlogで確認できますので、そちらをご覧ください。

 

・ASUS VS248HR

こちらもDwhatever氏が所有している24型モニターです。本人曰く、ひとつ前に挙げた『ViewSonic XG240R』と同じ程度の性能に感じるとのことです。

 

・Sceptre E255B-1658A

0/1枚RTAトッププレイヤーであるDowsky氏が使っている24.5型モニターです。本人曰く、良くないモニターとのことですが、一応紹介しておきます。特にスピーカーの音質がかなり悪いようです。

 

■ その他知っているモニター

・I-O DATA LCD-RDT242XPB

ラグテスターを使用してのディスプレイ表示遅延検証』にて、RetroTINKと相性が良いと紹介されているモニターです。

筆者のオススメは(2)

筆者としては『(2) RetroTINK + PC用モニター』のほうをオススメします。

その理由は、ブラウン管に引けを取らない性能なのにも関わらず、買いやすい上、ブラウン管のデメリットの多くを解消しているからです。

  • ブラウン管と比べ、画面が見やすく、少ないスペースでも設置できる。
  • HDMI入力が2口以上あるモニターであれば、PC用モニター兼RTA用モニターとして使える。
  • RTAに飽きたとしても、そのままPC用モニターとして使える。

ただし、導入費用はブラウン管のほうが安いので、その点も考慮して選んでみてください。

むすび

テレビ(モニター)は、プレイヤーのRTA人生を決める重要な要素のひとつです。

実際にRTAしているプレイヤーに使っているテレビの型番を聞くなどして、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。