初心者向け16枚RTAガイド

これからルートを覚える方向けの『16枚RTA』のガイドです。(16枚RTAに関しては本ページの下部の補足をご覧ください)

『30分切り』を目標にしていますが、30分を切った後もやり続けることを前提に情報を載せています。

練習する前に知っておいてほしい事柄は『よくある質問』にまとめています!

初心者向けルート解説

各スターのページは『解説動画+詳細解説文』の構成となっています。

『解説動画を見て全体を理解』→『もう少し詳しく知る&振り返るために詳細解説文を読む』という使い方を想定しています。

※以下で解説している各スターのルートはあくまで一例です。操作力に自信のある方は、上位プレイヤーが使っているルートにチャレンジしてみても良いです。

 

ボムへいのせんじょう(BoB)まで

※新ボムルートは難易度が高いので、最初は杭押しルートをオススメします。

バッタンキングのとりで(WF)まで

さむいさむいマウンテン(CCM)まで

やみのせかいのクッパ(BitDW)まで

ファイアバブルランド(LLL)まで

あっちっちさばく(SSL)まで

やみにとけるどうくつ(HMC)まで

ウォーターランド(DDD)まで

ほのおのうみのクッパ(BitFS)まで

てんくうのたたかい!(BitS)まで

ステージ順参考動画

※色々な動画をくっつけています。スター枚数は正確ではないので無視してください。

 

速いチャートを使いたい方向け

上記セクションで紹介したのは最も易しいチャートになります。速いチャートを使いたい方は、できる範囲で以下を変更してみてください。(難易度が易しい順に並べてあります)

※初心者向けの個別スター解説は後日追加します。

  1. HMC ドッシーのいるちていこ』を『LLL コロコロまるたわたり(サイホーン)』へ変更し、キノピオスターをHMC前に回収 ※1
  2. 『WF とりかごへストーン』にて『三段かごルート』を使用 (4秒程度の短縮)
  3. SSL いたずらハゲたかジャンゴ』を『BitDW 赤コインスター』へ変更 ※2

 

※1

LLLには『サイホーン』という技を使ったスターがあり、HMCドッシースターの代わりにこのスターを採用すると速くなります。

サイホーンスターを採用した場合、地下のキノピオスターの回収タイミングが変わるので、その点は注意しましょう。

以下がおおよそのタイムで、ストップサイホーンを採用すると6秒程度(20-15+1)速くなります。※初心者の場合、マリオの操作力でタイムが大きく変わるので参考程度に見てください。

  • ストップサイホーン: 15秒程度
  • ドッシー 壁押しルート: 20秒程度
  • 地下のキノピオスターのタイミング変更: 約1秒速くなる

 

※2

通常ルートの場合、SSLジャンゴスターよりもBitDW赤コインのほうが速く回収できます。

シゲルサイクルより1周期遅くても、SSLジャンゴスターより速いので、できる方は取り入れてみても良いでしょう。

必須: オーディオの設定は『モノラル』にしよう!

初心者ガイドの『STEP1: マリオ64RTAを始めてみよう』でも述べましたが、マリオ64を起動したら、まずはオーディオの設定を『モノラル』へ変更しましょう。

NINTENDO64の音声の処理方法の関係で、モノラルが一番処理落ちが少ないです。

  1. セーブデータセレクト画面にて、右下の紫のブロックにカーソルを当てAボタンで選択
  2. 真ん中にある『モノラル』にカーソルを当てAボタンで選択

sound_1 sound_2

「処理落ちって何?」という方は『基本用語』を読んでみてください。

 

補足: 16枚RTAとは?

16枚RTAとは、ミップバグやBLJ(ケツワープ)を用いて、スター16枚でゲームクリアするRTAです。

ルールには、『30枚スター扉をBLJで抜けることを禁止してクリアを目指す』と書いてありますが……、まあ、詳しいことは後で覚えましょう!

マリオ64RTAの中で最も競技人口が多く最も初心者向けでありながら、極めようとすると終わりが見えないのが特徴でしょうか。(歴代プレイヤー数は1,000名以上)

上級者であれば15分台で完走、初心者でも1ヶ月ほど練習し続ければ20分を切るぐらいで完走できます。

すきま時間に手軽に通せるカテゴリなので、RTA自体をやったことない方にもオススメしたいカテゴリとなっています。

16枚RTAのspeedrun.com(記録集積サイト)はこちら

 

補足: 初心者向けのチャートは?

LBLJ』と呼ばれるバグ技を使うか使わないかで大きくチャートが分かれます。初心者にはLBLJを使わない『通常ルート』をオススメします。

通常ルートには取るスターのパターンがいくつかあるのですが、本ページでは最も易しいチャートを解説しています。