やみのせかいのクッパ バトル

テキストの関係で、日本語版よりもU版のほうが速いです。

参考資料: 『クッパを回しやすくするための工夫

▼『初心者向け解説』は以下のページにあります。

上級者向け解説

本セクションでは、主にタイムに関する知識を解説しています。

コツ
1. 転がし投げが最速
2. タイム調査時の注意点
3. 4分の3回転
4. クッパダンス
5. しっぽバグ掴み


1. 転がし投げが最速

しっぽを最速で掴んだ後、1周+4分の1回転で投げるのが一般的です。(回し方は時計回し/半時計回しどちらでもOK)

1周+4分の1回転においての速い順は以下で、フル回転よりも転がしのほうが理論上は速いです。

  • クッパを転がして爆弾に当てる
  • クッパを中ぐらいの高さに浮かせて爆弾に当てる
  • クッパをフル回転させて爆弾に当てる

 

2. タイム調査時の注意点

クッパが爆弾にぶつかってから話しかけられるようになるまでの時間は、クッパが爆弾のどこに当たったかで異なります。

そのため、クッパが爆弾に当たったまでのタイムを見ても意味がないので、調べる時はこの点を注意しましょう。

 

3. 4分の3回転

クッパを速く回せる自信のある方はこちらを試してみましょう。

1周+4分の1回転転がし当てと比べて0.3秒程度速くなります。

 

4. クッパダンス

クッパがその場でダンスするパターン(乱数)があり、このパターンを引くと速いタイムを出すことができます。(例えば、乱数値=04082でバトルに入場するとダンスします)

調整して出せるものではないのですが、万が一引いてしまった時のために練習しておくと良いでしょう。

最小は2分の1回転で爆弾に当てられますが、1周+2分の1回転でも速いタイムが出ます。

 

5. しっぽバグ掴み

クッパのしっぽのバグを使って掴む方法があります。

『しっぽバグ有り 4分の3回転』と『しっぽバグ無し 1周+4分の1回転』を比較すると、前者のほうが0.6秒程度速いです。

詳しくは『BitDWバトル しっぽバグを使ったクッパ投げを解説』をご覧ください。

Ideal Run