とりかごへストーン

大きく分けるとフーコ(フクロウ)を使うか使わないかの2種類のルートが存在し、差は4秒程度となっています。

▼『初心者向け解説』は以下のページにあります。

中級者向け解説(フーコ)

本セクションでは、フーコルートの速い方法を紹介しています。

木掴まりスキップ法

バク宙法


木の上のほうにフーコの判定があるので、そこに触れさえすれば木に掴まらずともフーコを出すことができます。


フーコをバク宙&マリオ遠目視点で掴み、鳥かごへ落下する時にC左を連打することでステージ外へ向くカメラを作ることができます。

これにより、完全暗転までの処理落ちをかなり減らすことができます。

中級者向け解説(三段かご)

初心者を脱した方は、本セクションで紹介する『三段かご』を取り入れてみましょう。

コツ
1. 浮島までのアプローチ
2. 三段かごの入力

処理落ち回避
1. 浮島前にジュゲム近め視点


1. 浮島までのアプローチ

木から離れた後、ジャンプダイブ2回→三段壁キックで浮島に乗ると良いでしょう。

※上級者になると『柵引っかけ』を使いますが、最初のうちは取り入れなくてもOKです。

wf-star5-14 wf-star5-15

 

2. 三段かごの入力

三段かごのやり方は『真左法』と『ニュートラル法』の2種類あります。

以下の動画で両方解説しているので、自分に合うほうを取り入れてみてください。


1. 浮島前にジュゲム近め視点

赤コインを回収する前に、ジュゲム近め視点にしておきましょう。

ジュゲム遠目視点のままの場合、『赤コイン取得時に出る数字表記』と『周りのオブジェクト』の関係で処理落ちが発生します。

wf-star5-16

上級者向け解説

コツ
1. 柵引っかけでタイム短縮
2. 着キャンを使う場合は視点に注意!
3. ヒップでスターを取る

リカバリ
1. 木から離れた後足場に乗れなかった場合
2. 柵引っかけに失敗した場合

浮島までのアプローチ代案
1. 最初引っかけアプローチ
2. 幅跳び3回アプローチ
3. 階段JKアプローチ

反転かご

二段かご


1. 柵引っかけでタイム短縮

ジャンプダイブで柵に引っかけて二段ジャンプを出すと速くなります。『柵引っかけ』と呼ばれるテクニックです。

柵引っかけまでのアプローチは、『木からダイブ復帰→ジャンプダイブ2回→ジャンプダイブで柵引っかけ』が王道ですが、その他にも存在します。

詳しくは『浮島までのアプローチ代案』のセクションをご覧ください。

wf-star5-5 wf-star5-6

 

2. 着キャンを使う場合は視点に注意!

浮島の上で着地キャンセルを使う場合、視点の変更が遅いと着地キャンセル後のマリオの向きがおかしくなってしまいます。

なので、柵ひっかけからの壁キック直後に、鳥かごが正面になる視点(C右2回)に変えるようにしてください。

オススメは、右手の人差し指でC右を2回押す方法です。

※着地キャンセルが速い場合のみおかしくなるので、着地キャンセルが遅い人は浮島でのダイブ復帰あたりで視点を変えても問題ないと思います。

wf-star5-13

 

3. ヒップでスターを取る

スターを取る際は、ジャンプキックではなくヒップで取ると0.2秒程度速くなります。

wf-star5-12


1. 木から離れた後足場に乗れなかった場合

足場に乗れなかった場合は、斜面で即ジャンプを出してダイブすると上の足場に乗ることができます。

 

2. 柵引っかけに失敗した場合

階段で復帰を出した後、反転で壁を蹴ることで浮島に乗ることができます。


1. 最初引っかけアプローチ

最初灰色の足場に引っかけ2段ダイブした後、幅跳びを2回するアプローチが存在します。

ジャンプダイブ2回のアプローチよりも遅いのですが、その分柵引っかけが安定しやすくなります。

 

2. 幅跳び3回アプローチ

ジャンプダイブを使わず、『幅跳び→歩き→幅跳び2回』で柵引っかけするアプローチも存在します。

ジャンプダイブ2回のアプローチよりも遅いのですが、その分柵引っかけが安定しやすくなります。

 

3. 階段JKアプローチ

柵引っかけ後の2段ジャンプは階段に吸われて失敗しやすいことで有名です。

それを避ける方法として、『柵引っかけ→歩く→階段で慣性JK2段で壁キック』というアプローチも存在します。

このアプローチ(階段JK)と現行アプローチ(柵ひっかけ二段)のどちらが良いかは『WF 二段かごを勉強してみた』の前半パートで紹介していて、結論は以下となっています。

  • 三段かご: 現行アプローチのほうが速いです。
  • 反転かご: 大体同じタイムになります。
  • 二段かご: 現行アプローチのほうが0.1秒ほど速いのですが、誤差の範疇と言えるでしょう。

三段壁キックではなく、反転壁キックでもかごの中へ入ることができます。『反転かご』と呼ばれるテクニックです。

三段かごと比べて0.4秒程度速くなります。


三段壁キックではなく、二段壁キックでもかごの中へ入ることができます。『二段かご』と呼ばれるテクニックです。

三段かごと比べて0.4秒程度速くなります。

二段かごのやり方は『WF 二段かごを勉強してみた』の後半パートで紹介しています。

Ideal Run