おおぞらアスレチック

初心者向け解説

本セクションでは、一番簡単なルートを解説しています。少しでも難しいルートを取り入れたい方は『中級者向けルート』にチャレンジしてみると良いでしょう。

コツ
1. 最初の三段壁キック
2. 大幅跳びのやり方
3. 崩れる足場は真左に進む
4. ダイブ復帰で紫スイッチ起動
5. 三段アプローチもある

リカバリ
1. 柵で幅跳びが出せなかった場合
2. 崩れる足場に崖掴まりできなかった場合
3. 三角足場に乗れなかった場合


1. 最初の三段壁キック

最初の三段壁キックは『レインボークルーズ 最初の三段壁キック』で解説しています。

 

2. 大幅跳びのやり方

大幅跳びのコツを以下で流れで解説します。

(1) 崩れる足場側に視点を向け、足場の端を真上へ走る。

rr-star5-beginner-1

(2) 足場の真ん中あたりから真上へ幅跳び。幅跳び終了時に木の柵に顔をこすり付けるのが望ましい。(少し距離が余るイメージ)

rr-star5-beginner-2 rr-star5-beginner-3

(3) そのまま真上に連続幅跳びしたら、幅跳び中にスティックを少しだけ右にずらす。うまくいくと崩れる足場に崖掴まりできる。

rr-star5-beginner-4 rr-star5-beginner-5

 

3. 崩れる足場は真左に進む

崩れる足場に乗ったら、コインの軸まで真上に歩き、真左に反転します。以降は、しばらくの間ずっと真左に進んでいくだけです。

rr-star5-beginner-6 rr-star5-beginner-7

 

4. ダイブ復帰で紫スイッチ起動

ダイブ復帰で紫スイッチを起動すると、そのまま最初の三角足場に乗ることができます。

rr-star5-beginner-8 rr-star5-beginner-9

最初の三角足場に乗れたら、そのままの勢いで二段ジャンプしてください。うまくいくと、真ん中の三角足場に乗ることができます。

rr-star5-beginner-10 rr-star5-beginner-11

 

5. 三段アプローチもある

ダイブ復帰での紫スイッチ起動が難しい方は、三段アプローチを使っても良いでしょう。

やり方: 歩いて紫スイッチを起動 → 三段ジャンプ → 真ん中の三角足場に三段目を吸わせる

rr-star5-beginner-12


1. 柵で幅跳びが出せなかった場合

柵の角で走ると速度を溜められるので、そのまま幅跳びを出すことでリカバリできます。

※US版では右側の角で走ることができないので注意してください。

rr-star5-15

 

2. 崩れる足場に崖掴まりできなかった場合

崩れる足場に崖掴まりできなかった場合は、そのまま下に降りて『カゼきるきょだいブランコ』でリカバリすると良いでしょう。

rr-star5-beginner-13

 

3. 三角足場に乗れなかった場合

バク宙を出したらすぐに真左に倒すことで、三角足場に乗れます。

rr-star5-6

中級者向け解説

本セクションでは、初心者ルートの次に覚えてほしいルートを解説しています。いくつかオプション(ルート)もあるので、自分に合ったものを採用してみると良いでしょう。

コツ
1. 小山の後のジャンプダイブ
2. スター取得時

リカバリ
1. 柵で幅跳びが出せなかった場合

小山幅跳びルート

左足場崖掴まりルート


1. 小山の後のジャンプダイブ

小山の後のジャンプダイブは、少しだけ長めに滑ってから出しましょう。

ジャンプダイブが早すぎると、復帰後に次の足場に乗れずに転落してしまいます。

rr-star5-3 rr-star5-4

 

2. スター取得時

スターは幅跳びよりもジャンプダイブで取るほうが速いです。

最後にAB同時押しのジャンプダイブを使う場合、反転後のダイブを早く出すと、スターの下のほうでタッチできるため速くなります。

rr-star5-15


1. 柵で幅跳びが出せなかった場合

柵の角で走ると速度を溜められるので、そのまま幅跳びを出すことでリカバリできます。

※左側の角の場合は、US版でも走ることができます。

rr-star5-5


右側の崩れる足場を掴まった後、小山の上で幅跳びするルートがあります。このルートのほうが0.1秒程度速いので、できるならこちらをオススメします。


左の崩れる足場を崖捕まりするルートです。柵の前に来たら、マリオ遠目+C右を同時に押すと、真上だけで済む視点になります。お好みでどうぞ。

上級者向け解説

本セクションでは、最速のRTAルートを解説しています。

コツ
1. 最初の三段壁キックのやり方
2. 壁を蹴る前に視点を戻す
3. 壁キック後のダイブを低くする技
4. ニュートラルでジャンプ
5. スター取得時


1. 最初の三段壁キックのやり方

ステージ入場後、スティックを上に倒した状態で、C右を2回押します。その後、マリオが着地する寸前にマリオ遠目視点にすると、真上だけで済む視点になります。

※ここの三段は、足場ギリギリで出す必要があります。

rr-star5-7 rr-star5-8

 

2. 壁を蹴る前に視点を戻す

最初横視点のままだと、柵へ向かう時の入力がやりにくいので、柵を正面に見る視点(以下の画像)にすることをオススメします。

三段ジャンプを出した後、ジュゲム視点に戻し、C右を2回押すことでこの視点を作れます。

ただ、この視点は『壁キック時にマリオが見えないため、感覚で壁を蹴るしかない』というデメリットがあります。

rr-star5-9 rr-star5-10

 

3. 壁キック後のダイブを低くする技

三段壁キック後に低めのダイブをするとタイム短縮することができます。

ただし、柵にひっかかる可能性が上がるので、その点も踏まえて採用するかを考えてみてください。

 

4. ニュートラルでジャンプ

三角足場をジャンプでくぐる時、スティックをニュートラルにすると頭をぶつけることがなくなります。

rr-star5-11

 

5. スター取得時

最後、ジャンプダイブのBを遅らせることで、スターの下のほうでタッチできるため速くなります。

rr-star5-17

その他として、慣性JK+二段+ヒップを使うアプローチもあり、上記アプローチと同じタイムを出せます。お好みでどうぞ。

rr-star5-16

Ideal Run

壁キック後のダイブ高め

壁キック後のダイブ低め