やみにとけるどうくつ 最初の扉まで

やみにとけるどうくつの『ドッシーのいるちていこ』『メタルでダッシュ』『ケムリめいろをぬけて』『ケムリめいろのひじょうぐち』『ゴロゴロいわのひみつ』『メタルスイッチのたき』では、最初に左側にある扉に向かいます。

本ページでは、そのパートを解説します。

 

▼『初心者向け解説』は以下のページにあります。(『最初の扉まで』のセクション)

上級者向け解説

以下は、幅跳び3回ルートで5.66秒を出す方法の解説動画です。

以降で、動画の補足を行ないます。

コツ
1. オススメは幅跳び3回ルート

処理落ち回避
1. 扉タッチ時は遠目視点
2. ジュゲム近め視点を使いたい場合


1. オススメは幅跳び3回ルート

最初の扉のカメラ×までは

  • 『ジャンプダイブルート』の人間理論値が5.63秒(IGT)
  • 『幅跳び3回ルート』の人間理論値が5.66秒(IGT)

となっています。

タイムだけを見ると前者のほうが良いのですが、理論値を出すのが難しいというデメリットがあります。

一方で、後者は簡単に理論値を出せるので、RTA的には後者(幅跳び3回ルート)をオススメしています。


1. 扉タッチ時は遠目視点

扉にタッチする時は『ジュゲム遠目視点』か『マリオ遠目視点』を使いましょう。

少し上から見るような視点になり、扉付近の処理落ちを回避することができます。

hmc-first-door-lakitucam hmc-first-door-mariocam

 

2. ジュゲム近め視点を使いたい場合

ジュゲム遠目視点で扉の前まで行き、扉にタッチする瞬間にジュゲム近め視点にすることでも処理落ちを回避できます。(少し上から見るような視点になります。)

ただ、視点操作に失敗すると処理落ちするので、特別な理由が無いのであれば遠目視点を使いましょう。

hmc-first-door-lakitu-cup