とりでのてっぺんへ

とりでを出現させるには、ミッション番号2番以降を選択する必要があります。

▼『初心者向け解説』は以下のページにあります。

上級者向け解説

コツ
1. 柵引っかけでタイム短縮
2. 坂滑りジャンプで足場に乗る
3. 三段の後はダイブを入れる
4. 極力手前で三段ダイブ
5. 最後の反転で右側のフチに乗る

処理落ち回避
1. とりで付近はジュゲム近め
2. 上下リフト

二段崖捕まりルート


1. 柵引っかけでタイム短縮

途中にある柵に引っかけ、そのまま三段ジャンプするとタイム短縮になります。

柵引っかけまでのアプローチは、『木からダイブ復帰→ジャンプダイブ→幅跳び→ジャンプダイブで柵引っかけ』がオススメです。

★柵引っかけ周りの最適化は『WF 柵ひっかけの最適化を語る』で紹介しております。

wf-star2-10

 

2. 坂滑りジャンプで足場に乗る

三角の坂を登った後、上→左上→左と回すようにスティックを動かすと坂を滑ることができます。

坂を滑るモーションになったら、ジャンプ→スティックを引いてキックし、上の足場に乗ってください。

※キックを入れる理由は、高さを出して確実に上の足場に乗るためです。キックを入れなくても上に乗れるなら入れなくてOKです。

wf-star2-3  wf-star2-4

 

3. 三段の後はダイブを入れる

固定周期で動いている足場が引っ込む前に三段ジャンプを出します。

この時、三段ジャンプ後にダイブを入れたほうが速くなります。

wf-star2-5 wf-star2-6

 

4. 極力手前で三段ダイブ

固定周期の足場のできる限り手前で三段ダイブを出すと、上下リフトまでより速くたどり着くことができます。

wf-star2-8 wf-star2-9

 

5. 最後の反転で右側のフチに乗る

最後の反転で右側のフチに乗ると速くなります。

wf-star2-7


1. とりで付近はジュゲム近め

とりで付近の処理落ち軽減のため、柵ひっかけの段階でジュゲム近め視点にしておくと良いでしょう。

wf-star1-4

 

2. 上下リフト

上下リフトが動いている間は、ぎりぎりまで視点をそのままにしておくと処理落ちを軽減できます。

wf-star2-9


速度を維持すると二段ジャンプで上下リフトを崖捕まりすることができます。

難易度は上がりますが、こちらのほうが0.3~0.5秒ほど速くなる上、速いタイムが出やすいです。

Ideal Run