チビじまの5シークレット

  • スター名: ちびでかアイランド チビじまの5シークレット
  • 英語名: Five Itty Bitty Secrets
  • ミッション番号: 4

初心者向け解説

本セクションでは、まず最初に覚えてほしいルートを解説しています。

本スターは、処理落ちなどの関係でミスなく進むのだけでも結構難しいです。以下の動画ではノンストップで進んでいますが、途中途中で止まりつつ進むのでも良いでしょう。

コツ
1. 天井抜けできる位置
2. シクレ2への移動はくぼみ入力
3. 真右にジャンプして滑る
4. 幅跳びアプローチもある
5. シクレ4付近でC右を押す
6. 緑の斜面で復帰を出す
7. 視点を調整してから大ジャンプ
8. 大ジャンプを出す位置

処理落ち回避
1. ステージ入場時

リカバリ
1. 離れ島のコイン付近を崖掴まりした場合


1. 天井抜けできる位置

[!]箱の足場から反転ジャンプすることで天井抜けできますが、手前側は抜けられないので注意しましょう。

天井抜けまでを極めたい方は『【共通】ちび島イン~土管パート』をご覧ください。

tiny-part-beginner-6-1

 

2. シクレ2への移動はくぼみ入力

シークレット1つ目から2つ目への移動はくぼみ入力でできます。

(1) ステージ入場時の視点で天井抜けする。

thi-star4-beginner-1

(2) シークレット1つ目を回収したら右下くぼみに反転。その後すぐにC右を1回押す。

thi-star4-beginner-2 thi-star4-beginner-3

(3) 反転着地前に真下くぼみに変更。そのまま真下にダイブ復帰を出す。

thi-star4-beginner-4 thi-star4-beginner-5

 

3. 真右にジャンプして滑る

砂浜に着地するあたりでC左を1回押してください。この視点変更により、シークレット3つ目の後は真右にジャンプするだけできれいに滑ることができます。

thi-star4-beginner-6 thi-star4-beginner-7

 

4. 幅跳びアプローチもある

シークレット3つ目から4つ目へ向かう時に幅跳びを使うアプローチもあります。

こちらのほうがジャンプ滑りよりも速いのですが、角度が悪いと水没してしまうので、その点を踏まえて採用を考えてみてください。

 

5. シクレ4付近でC右を押す

シークレット4つ目あたりに来たら、C右を1回押しましょう。この視点変更により、木を真上に登るだけで済むようになります。

thi-star4-beginner-8 thi-star4-beginner-9

 

6. 緑の斜面で復帰を出す

真上入力で木から離れた後、緑の斜面で復帰できるように位置を調整してください。茶色の斜面では復帰を出せないので注意が必要です。

thi-star4-beginner-10

 

7. 視点を調整してから大ジャンプ

この大ジャンプは、スティックが進む方向へしっかり倒れていないと離れ島まで届きません。

マリオ視点やマリオ遠目視点をうまく使って、真上に進むだけで済む視点を作ってから滑り始めることをオススメします。

thi-star4-beginner-11

 

8. 大ジャンプを出す位置

初心者が苦戦しやすいパートがこの最後の大ジャンプです。

大ジャンプは、『しっかり速度が付いている』且つ『斜面の終端でジャンプが出せる』と、離れ島で崖を掴まらずに済みますが、最初のうちは崖掴まり狙いでも良いでしょう。

斜面をどこまで滑れば良いかには明確な目印が無いため、自力で見切る必要があります。何度も練習してジャンプを出すタイミングをマスターしましょう。

thi-star4-beginner-12


1. ステージ入場時

ステージ入場後、そのままの視点だと処理落ちが発生します。ステージに入場したらすぐにC右を押すと回避できます。(C左でもOKです)

thi-star4-beginner-13


1. 離れ島のコイン付近を崖掴まりした場合

この場合、Aボタンで崖を上がるとワープしてしまうので、

thi-star4-beginner-14

スティックを上に倒して崖を上がり、すぐにジャンプしてワープを回避してください。

thi-star4-beginner-15

中級者向け解説

本セクションでは、最速のシークレット回収順で、簡単めなルートを解説しています。

上級者向け解説

本セクションでは、最速のシークレット回収順で、最速のルートを解説しています。

コツ
1. シクレ4で一段ジャンプアプローチ


1. シクレ4で一段ジャンプアプローチ

人によってはこちらのほうが速いタイムが出る人もいます。

幅跳びの方法とこちらの方法の両方を試してみて、自分に合うほうを採用すると良いでしょう。

Ideal Run