【マリオ64 RTA】SL 100枚赤コインのリカバリまとめ

解説スノーマンズランド, リカバリ

スノーマンズランドコウラにのってあかコイン+100枚コインでは、池の下の赤コイン2枚を甲羅で取るパートがあります。

sl-100reds-backup-1 sl-100reds-backup-2

ガマグチクンにぶつかり甲羅を壊してしまった場合、この2枚をどのように回収すれば良いのでしょうか。

――こんな疑問に対する答え(リカバリ)を調査しましたので、今回はそれを紹介します。

sl-100reds-backup-3 sl-100reds-backup-4

調査したリカバリ方法は4種類

調査では、ぱっと思いついた4種類のリカバリを作成してみました。

前提として、池のフワフワさんを回収するルートを使っています。(つまり、池のフワフワさんをカットするルートではないということです。)

4種類のリカバリを速い順に並べたのが以下となります。

※赤コインスターを使わないリカバリもあるので、他スターのタイムも加算して順位を付けています。
※他スターのタイムは、ultimate sheetの人間ベスト記録から取ってきています。
※処理落ちは含めていません。

  • 100枚+赤 慣性スライディングリカバリ 118.83秒
    計算式: 100.73 + 5.56 + 12.53 = 118.83
    ミス無しと比べて10秒程度遅い
  • 100枚+赤 スライディングリカバリ 121.23秒
    計算式: 103.13 + 5.56 + 12.53 = 121.23
    ミス無しと比べて12秒程度遅い
  • 100枚+どんけつ&赤単体 141.86秒
    計算式: 105.46 + 5.56 + 30.83 = 141.86
    ミス無しと比べて32秒程度遅い
  • 100枚+オブジェ&赤単体 145.83秒
    計算式: 102.46 + 12.53 + 30.83 = 145.83
    ミス無しと比べて36秒程度遅い

以降のセクションで、私の考察を踏まえながら紹介します。

基準となるのは『100枚+赤 スライディングリカバリ』

最初に、オーソドックスなリカバリである『100枚+赤 スライディングリカバリ』を紹介します。

池の下の赤コイン(以下の画像)は、甲羅に乗って取ることが前提となっています。

sl-100reds-backup-2

しかし、甲羅を使わずとも、スライディングを使えば、体力ぎりぎり(残り1)で回収できてしまうのです。これを利用したのがこのリカバリです。

コインの回収順は以下の動画をご覧ください。スライディングのパートのみ、手順を紹介します。

(1) フワフワさん+赤コインを回収した後、池へ進む。

sl-100reds-backup-5 sl-100reds-backup-6

(2) 池の手前ぎりぎりまで来たら、真上にスライディング。

sl-100reds-backup-7 sl-100reds-backup-8

(3) 2バウンド目より少し前に、スティックを真下に倒す。

sl-100reds-backup-9 sl-100reds-backup-10

(4) 赤コインスターのアニメーション中に、スティックを右下くぼみに倒す。(アニメーション後にカメラが変わります。)

sl-100reds-backup-11 sl-100reds-backup-12

(5) 右下くぼみを維持すると、上の足場に乗れる。

sl-100reds-backup-13 sl-100reds-backup-14

今回は、池の赤コインが8枚目となるため、スティックを真下から右下に変えています。

8枚目にならない場合(スターのアニメーションが無い場合)は、スティック真下のままでリカバリ可能です。

安全にいきたいなら『100枚+どんけつ&赤単体』がオススメ

前のセクションにて、オーソドックスなリカバリでは、体力ぎりぎりで赤コインを回収するのが分かったと思います。

体力ぎりぎりということは、少しでも手元がくるったら死ぬことになります。一発勝負の場であれば、リスクが高く感じますよね。

そう感じる方にオススメするのは『100枚+どんけつ&赤単体』です。

このリカバリは、オーソドックスなリカバリと比べ、20秒ほど遅い分、リカバリに失敗して大幅ロスになることはありません。

コインの回収順は以下の動画をご覧ください。普段と違うパートのみ紹介します。

■ガマグチクンを回収した後、近くにいるスローマン(雪だるま)を回収すること

sl-100reds-backup-15 sl-100reds-backup-16

■100枚スターを回収した後、ドンケツを倒しにいくこと

sl-100reds-backup-17 sl-100reds-backup-18

一応『100枚+オブジェ&赤単体』の組合せもあるが……

100枚+赤コイン以外のリカバリの組合せに『100枚+オブジェ&赤単体』もあります。

ただ、このリカバリは、『100枚+どんけつ&赤単体』と比べ4秒ほど遅く、難易度は変わりません。

なので、『100枚+どんけつ&赤単体』を覚えたほうが良いでしょう。

一応、参考用に作成した動画を以下に貼ります。

究極のリカバリ『100枚+赤 慣性スライディングリカバリ』

ちょうど良い機会だったので、実用性を考慮しない究極のリカバリを考えてみました。

“究極"とはいうものの、オーソドックスなリカバリと比べ、2.4秒程度しか速くなりません。

実用的ではないので、参考程度に見てください。

(1) ガマグチクンを回収した後、坂に向かう。

sl-100reds-backup-19 sl-100reds-backup-20

(2) 幅跳び+ジャンプダイブで坂を滑る。

sl-100reds-backup-21 sl-100reds-backup-22

(3) 復帰後にスライディングで赤コイン2枚を回収。

sl-100reds-backup-23 sl-100reds-backup-24

以降は普段と同じです。

むすび

今回は、SL100赤における『ガマグチクンにぶつかり甲羅を壊してしまった場合のリカバリ』を紹介しました。

私的結論は以下の通りです。

  • 多少リスクを負ってでもロスを緩和したいなら『100枚+赤 スライディングリカバリ』
  • リスクほぼ無し&致命的なロス(1分以上のロス)を回避したいなら『100枚+どんけつ&赤単体』

100枚+赤以外のリカバリの組合せを採用する場合、赤単体のルートも覚えておかなければなりません。

その点も考慮して、練習してみてください。