レインボークルーズ 最初の三段壁キック

レインボークルーズの『にじをわたるふね』『タテめいろのあかコイン』『にじのかなたのしま』『おおぞらアスレチック』では、最初に三段壁キックをする場合があります。

本ページでは、その三段壁キックのやり方を解説します。

初心者向け解説

本セクションでは、三段壁キックの手順を解説します。

回転足場が固定周期になっているため、ステージ入場後すぐに三段ジャンプする必要があります。

コツ
1. 最初の入力
2. 床の模様を目印に三段ジャンプ

マリオ遠目法

よくあるミス


1. 最初の入力

ステージ入場後、C右を1回押すと回転足場を向く視点になります。

この視点を作った後、真上にスティックを倒し、マリオが動き出したらQJKを出します。

rr-tjwk-beginning-1

 

2. 床の模様を目印に三段ジャンプ

二段ジャンプをうまく調整し、赤丸のあたりで三段ジャンプを出しましょう。

rr-tjwk-beginning-2 rr-tjwk-beginning-3

その後、適当に上方向へ進んでいくと、回転足場を壁キックできます。※このテクニックは大まかでも成功します。

rr-tjwk-beginning-4 rr-tjwk-beginning-5


最初C右を1回押した後、マリオ遠目視点を使う方法もあります。お好みでどうぞ。

rr-tjwk-beginning-6


以下の画像のように、三段ジャンプを出す位置が手前過ぎると、

rr-tjwk-beginning-7 rr-tjwk-beginning-8

回転足場の側面ではなく、下のフチに当たってしまい、変な衝突判定になって壁キックが出せないことがあります。

rr-tjwk-beginning-9 rr-tjwk-beginning-10

このミスをよくしてしまう場合は、足場のギリギリで三段ジャンプを出すように意識してみてください。