かざんのパワースター

初心者向け解説

本セクションでは、『三段滝登り』を使ったルートを解説しています。

コツ
1. 最初の視点の作り方
2. 火山インまでの入力のコツ
3. 別の簡単なルート
4. 三段滝登りまでの入力
5. 三段滝登りのやり方
6. ちびドンケツに注意!
7. ポールを掴む時の視点
8. 滝登り後の速いアプローチ


1. 最初の視点の作り方

ステージに入ったら、C左を1回押した後にマリオ遠目視点にしましょう。この視点変更により、真上に進むだけでよくなります。

※C左は『2. 火山インまでの入力のコツ』で解説している視点変更の仕込みになっています。

lll-star6-beginner-1 lll-star6-beginner-2

 

2. 火山インまでの入力のコツ

火山インまでの入力にはいくつかコツがありますので、流れで確認します。

(1) 足場に着地したら左上くぼみに進み、足場の端あたりで幅跳び。

lll-star6-beginner-3

(2) 幅跳びを出したらジュゲム視点に戻す。

lll-star6-beginner-4

(3) 2回目の幅跳び中にC右を1回押す。すると、ぐらぐら足場が正面に来る視点になるので、入力しやすくなる。

lll-star6-beginner-5 lll-star6-beginner-6

(4) 最後はジャンプダイブではなく、幅跳びでもOK。

lll-star6-beginner-7

 

3. 別の簡単なルート

ケツ燃やして火山に入るルートもあります。かなり簡単である一方、体力が減るので死ぬリスクが上がるのが欠点です。この点を考慮して採用を考えてみてください。

lll-star6-beginner-8

 

4. 三段滝登りまでの入力

火山内部に入ったら、C左を1回押して右上くぼみに幅跳びしましょう。その後、正面にダイブ復帰すると良い位置にたどり着きます。

lll-star5-beginner-1 lll-star5-beginner-2

 

5. 三段滝登りのやり方

三段を使って滝を登る技を『三段滝登り』と呼びます。以下の動画で解説しています。

 

6. ちびドンケツに注意!

滝を登った後、ちびドンケツに落とされないように注意してください。参考動画のように一旦奥側に着地すると安全です。

lll-star5-beginner-3

 

7. ポールを掴む時の視点

ポールを掴む時、マリオ遠目視点にした後C左を何度か押すと、真上くぼみにポールから離れるだけで済む視点になります。

lll-star5-beginner-4

 

8. 滝登り後の速いアプローチ

三段滝登り後、ポール側に着地し反転ダイブするアプローチもあります。こちらのほうが速いので、できる方は取り入れてみると良いでしょう。

中級者向け解説

本セクションでは、幅跳びで滝を登る『はばたき』にて、真ん中→右側でケツを燃やす方法を解説しています。(こちらのほうが真ん中→左側よりも簡単です)

このケツの燃やし方(真ん中→右側)を『Akira Boost』と呼ぶこともあります。

コツ
1. 奥はばたきのやり方
2. 手前はばたきでタイム短縮


1. 奥はばたきのやり方

奥の足場から幅跳びする場合を特に『奥はばたき』と呼びます。主に2種類のやり方があり、それぞれの特徴・解説動画は以下の通りです。

(1) 白模様法: 奥の足場の白い模様から幅跳びする方法。くぼみをあまり使わないものの、感覚で決まりやすいのが特徴。

(2) 角法: 奥の足場の角から幅跳びする方法。『最初のC右2回のタイミング』や『幅跳びを出すタイミング』を意識しないといけないものの、くぼみを多用するので簡単なのが特徴。

 

2. 手前はばたきでタイム短縮

手前から幅跳びする方法もあり、この方法のほうが少し速いです。(手前はばたきと呼ばれる技です)

『奥はばたき』を覚えず、最初からこの方法を覚えるのでも良いでしょう。

上級者向け解説

本セクションでは、幅跳びで滝を登る『はばたき』にて、真ん中→左側でケツを燃やす方法を解説しています。RTAで最も速いケツの燃やし方になります。

コツ
1. ダイブは早めに出す
2. 滝登り後の最適化
3. ポール渡りアプローチ


1. ダイブは早めに出す

最初のQJK二段後のダイブはなるべく早めに出しましょう。

早く出すことで半マリオ分だけ距離が伸びるため、次の幅跳びアプローチで1フレーム速いタイムが出るようになります。

(『LLL 火山インまでで1フレーム更新するために行なった考察を語る』より)

 

2. 滝登り後の最適化

ケツ燃やしの上昇中に足場に乗ると、ケツ燃やしアクションをキャンセルできる上、速度の残った状態にすることができ、タイム短縮になります。

 

3. ポール渡りアプローチ

最終パートでは、2つのポールを渡るアプローチがあります。

幅跳び左壁キックルートとタイムはほとんど一緒ですが、安定して速いタイムを出すことができます。

最後は、二段ダイブではなく、一段ダイブを使うとカメラ×まで速くなります。

Ideal Run