コロコロまるたわたり(サイホーン)

このスターには、『羽ルート』と『サイホーンルート』の2つがあり、羽スイッチを押している場合は羽ルートを使います。(羽ルートのほうが1~2秒ほど速いです。)

サイホーンルートの解説は『コロコロまるたわたり(羽)』をご覧ください。

▼『初心者向け解説』は以下のページにあります。

上級者向け解説

サイホーンルートは、人間ができる限界の動きとRTAで安定してできる動きとでは入力が異なります。

本セクションでは、RTAで安定してできる動き(通称"真右法")を紹介します。

コツ
1. 最初の視点の作り方
2. ダイブは早めに出す
3. ダイブ復帰後の視点の作り方
4. 幅跳びの着地位置
5. 2回目の幅跳びのコツ
6. ガタるパートの最適化
7. ノンストサイホーンの入力
8. マリオ視点法
9. 檻から降りる時の最適化
10. 檻からダイブの補足
11. 目安は半マリオ

ジャンプダイブアプローチ


1. 最初の視点の作り方

ステージ入場後、C左を押してからマリオ遠目視点にしてください。

この視点操作で、ジュゲム視点に戻した時の視点が真っすぐになります。

lll-star4-16 lll-star4-16

 

2. ダイブは早めに出す

QJK二段後のダイブはなるべく早めに出しましょう。

早く出すことで半マリオ分だけ距離が伸びるため、次の幅跳びアプローチで1フレーム速いタイムが出るようになります。

(『LLL 火山インまでで1フレーム更新するために行なった考察を語る』より)

lll-star4-18 lll-star4-19

ダイブ復帰後、歩き出し2フレーム前でマリオの影が足場に乗っていたらOK(以下の画像)、マグマの上だったらダイブが遅いです。

lll-star4-21

 

3. ダイブ復帰後の視点の作り方

ダイブ復帰したらジュゲム視点に戻し、足場ギリギリで幅跳びを出します。

lll-star4-20 lll-star4-22

幅跳び途中でマリオ遠目視点にすると、次の幅跳びを真上で出せるようになります。

lll-star4-23

 

4. 幅跳びの着地位置

幅跳びの着地位置は、2つの火の玉の間あたりが目安です。

lll-star4-24

 

5. 2回目の幅跳びのコツ

真上に少し歩いてから2回目の幅跳びを出した後、途中でジュゲム視点に戻します。

この幅跳びは『歩きフレーム無しでガタってサイホーン足場に降りること』を目安に出すと良いです。(速度を多く残すため)

補足: ガタる前に何フレームか歩いてしまうと、ガタった後の速度が低い状態になり結果的に遅くなります。

lll-star4-25 lll-star4-26

 

6. ガタるパートの最適化

ガタる位置は『金網足場の角(以下画像)』か『角より金網足場寄り』だと速くなります。

lll-star4-27

 

7. ノンストサイホーンの入力

真右に一段ジャンプする方法(真右法)があります。

この方法の入力などを解説した動画が以下となります。

 

8. マリオ視点法

柵~スター取得までには、スティックを簡略化できる『マリオ視点法』があります。お好みでどうぞ。

(1) 壁キック後、マリオが下降し始めたらマリオ近め視点にします。

lll-star4-33

(2) うまくいくと空中時点で丸太を見るような視点、崖復帰時にマリオ正面視点になります。

正面視点がうまく作れない場合、Rボタンが速すぎる可能性が高いです。もうちょっと遅めにRボタンを押しましょう。

lll-star4-34 lll-star4-35

 

9. 檻から降りる時の最適化

檻を登った後は、スティックをニュートラルにし最速でパンチを出してください。

その後、檻から降りたら、最速でダイブを出しましょう。

lll-star4-37 lll-star4-38

 

10. 崖からダイブの補足

最速でダイブを出せなかった場合でも、

  • 崖から降りた後すぐダイブを出す
  • その後のパートでスティックをしっかり倒せている

の2点ができていれば、最速タイムを出すことができます。

※着地する少し前にダイブを出すのでも2フレーム程度のロスで済みます。一番ダメなのはすぐダイブを出すのでもなく、着地前にダイブを出すのでもない場合です。

崖からダイブ以降のパートで一番大事なのは『最善の方向にスティックを倒すこと』です。これができるかできないかで0.1秒以上差がつきます。

(ジュゲム視点を使う場合)視点を変えると最善の方向にスティックが入らなくなり、ほぼ100%の確率でロスるのでオススメしません。

 

11. 目安は半マリオ

ダイブを出したら、即スティックを真上に倒してください。(どれだけ速くスティックを倒せるかでタイムが変わります)

その後、スティックをうまく調整して、矢印足場にマリオの影が半分乗る位置で着地しましょう。

  • 半マリオで着地できた場合: 真上に幅跳びするだけで最速タイムが出ます。
  • 若干右側に着地した場合: 1フレーム歩き、スターのほうを向いてから幅跳びすると最速タイムが出ます。

lll-star4-40 lll-star4-41


理論上は、ジャンプダイブアプローチのほうが幅跳び2回アプローチよりも0.2秒程度速いです。

ただし、しっかり詰めないと速くならないので、自分で試してみてアプローチを選択すると良いと思います。

超上級者向け解説

幅跳び2回アプローチにて人間ができる限界の動きを紹介します。RTAでやるのは困難だと思いますが、できる部分があるなら取り入れてみても良いでしょう。

以降で、上級者向けと違うパートを紹介します。

コツ
1. ガタるパートの最適化
2. 柵から降りる時の最適化
3. 柵上でパンチキャンセル


1. ガタるパートの最適化

このパートで小回りすると0.2~0.3秒程度速くなりますが、真右入力ではできなくなるので難易度が跳ね上がります。

(1) ガタるところで、少し右を向いてガタってください。

lll-star4-45

(2) 降りている間は、右入力を入れて斜面に着地します。

速度が死なないよう、マリオが歩き出した段階では平地にいるようにしてください。

lll-star4-46 lll-star4-47

(3) 真右を経由しつつ、若干下めの入力を入れると小回りできます。

斜面の真ん中にたどり着く前ぐらいで一段ジャンプ(1フレーム)を出しましょう。2段目も1フレームAボタンでOKです。

lll-star4-48 lll-star4-49

 

2. 柵から降りる時の最適化

柵に掴まった後、スティックを上に倒しっぱなしにする方法があります。ダイブを出してからスティックを倒す場合と比べ、1フレームだけ速いタイムが出ます。

ただし、この方法の場合、最速でパンチ&ダイブが出せないと崖捕まりしてしまうので注意してください。

柵掴まり~カメラ×までの最速タイム: 3.30秒IGT

lll-star4-50 lll-star4-51

 

3. 柵上でパンチキャンセル

柵から降りる時、パンチキャンセルを使うと、より速いタイムを出すことができます。

柵掴まり~カメラ×までの最速タイム: 3.23秒IGT

やり方: 柵の上に乗った後、ニュートラルで最速パンチ → 次のフレームでスティックを倒すと、一瞬で柵から降りることができる。